2007年01月07日

陣痛促進剤の危険性は?

陣痛促進剤の副作用
子宮口が十分に開いておらへん場合やらなんやらに陣痛誘発・促進剤を使用し過ぎると、胎児が危険になりよったり(胎児仮死)、
子宮が破れたりする場合(子宮破裂)があると言われていまんねんわ。
もしも子宮が破れると胎児・お母はんが危険なカタチになるんや。

5.安全な使用方法は?
陣痛誘発・促進剤の使用は、医学的適応のある場合で、ご家族のご希望による計画出産は行っておりまへん。
また、陣痛誘発・促進剤を使用する場合には、輸液ポンプと分娩監視装置を使用していまんねんわ。
これによりお薬の量を守って、胎児・お母はんのカタチを安全に保てるようにしていまんねんわ。
子宮口が十分に開いておらへん場合には、ラミナリア、メトロイリーゼやらなんやらの子宮頚管拡張のための処置を行う場合があるんや。

*陣痛誘発・促進剤について。
posted by kou at 14:19| 陣痛促進剤の副作用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。