2012年03月18日

陣痛促進剤―陣痛促進剤の使用について 現在、2人目妊娠中で38週に入ったばかりです。 1人目は...

今日はこんな記事をみつけました。

陣痛促進剤の使用について
現在、2人目妊娠中で38週に入ったばかりです。
1人目は、予定日におしるし→陣痛→入院で12時間の自然分娩でした。
標準的な初産だったと思います。
2人目は、37週から妊娠高血圧症候群のため管理入院しています。
先生からは、あと数日待って陣痛が来なければ陣痛促進剤を使用しましょうというお話がありました。
ちなみに子宮口はかなり柔らかくなっているそうです。

そこで質問なのですが、経産婦が陣痛促進剤を使用する場合、どのような流れになるのでしょうか?
恥ずかしながら、子宮を広げるラミナリア?やバルーンを使用するのが怖くてたまらないのです。
出来れば錠剤などで陣痛がつけばいいのですが・・・。
経験者の方、お話聞かせて下さい。


- 回答 -
医師に聞くのが一番かと思いますが・・・今は陣痛促進剤(誘発剤)も内服薬ではなく、点滴のはずです。点滴なら陣痛の強さを調節できますが、内服だと飲んでしまうと、強すぎても弱めることも出来ず子宮破裂などの危険があるためです。
子宮口がかなり柔らかいなら、子宮口を開く処置までしなくても促進剤を使えば、開いていくかもしれないですし。子宮口は全く開いていないのでしょうか?

私は状況は違いますが・・・双子妊娠で、入院していました。36wに入ってすぐ出血があり、診察すると子宮口が6cm開いているとの事で、破水させて陣痛を待ちました。ですので促進剤も使っていません。
もともと切迫早産で、頻繁な張りはありましたが、35wで張り止めをやめても、有効な陣痛にはならずにいました。
破水させれば、陣痛がくるようですので、それだけの処置だったのだと思います。
ちなみに、双子は3人目の出産でした。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)
posted by kou at 19:34| ERROR: NOT PERMITED METHOD: name | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。